上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
どこぞからの続き。

2006/2
ミサ基地生活もマンネリ化してきたので、前線ソロゲリラとして活動開始。

移り変わる戦場と固定化されない機体構成。
状況に応じた機体の切り替えと選択が求められる。

基本は愛用のミサルトとステスナで対応、
メカ無しやECM無しなんてざらなので、敵レコン、メカの先制撃破が必須な状況も多く、
狙撃のしずらい市街戦での敵重要機体の暗殺用にC10ステBZの運用を開始。
達磨機体を量産すること数多。自機も含めて・・・

もちろん十分な援軍が毎回くるわけでもなく、圧倒的な戦力に押し殺されること多数。
しかし、即興の連携と戦術により倍以上の戦力差を覆すこともたまに。


2006/3
相変わらず前線ソロゲリラ。
ゲリラ同士の少人数戦では機体構成じゃんけんになることが多く、
援軍の構成によっては最初から負けが決まっていることも。

とくにBGの要であるメカ。
ゲリラの場合メカ無しが多く、戦術の選択肢もなく負けることがよくあった。
しかし、自分がメカで援軍が少なく、回復の間も無く負けることもよくあった。

これの解決の為に、アサ胴足、低Lvリペア、Lv50ロッド、Lv50パイル装備の格闘RDメカルトの運用を開始。
この機体により、
対スナ、レコミ時の引籠もり。
対鈍足高火力構成時の一撃離脱戦法。
対突撃構成時の引き狩り。
その他、多くの戦術が運用可能となった。
ゲリラ戦で最後まで使う愛機のプロトタイプである。


2006/4
ゲリラ戦でたまに共闘するRipper.Jr(終了時Baskin.Robins、通称リパ)により、
ゲリラSQ GOLIRAに誘われ、入隊(スペルミスは指摘するも無視された)。
GOLIRAにて、同じくゲリラのZeriasu.Ri(Liだっけか?通称ゼリ)、Riku.Hiroと出会う。

ゼリは、メカ胴4脚、重ARF、肩盾ミサ、アイテムBPのC7アイスナを愛用。
驚異のエイムと圧倒的な攻撃力の重ARFにより、片っ端から胴抜きで敵機を撃破。
2、3機のアサルトに襲われても、後退撃ちとリペアにより撃退する猛者。
衝撃耐性機体などはまさに瞬殺。

SQとは名ばかりで単にSQチャットで情報共有をするというだけのものだったが、
ゼリとはIN時間が合うこともあり、以降、ゲリラ時にはほとんど一緒に行動することになる。


2006/5
リパはフレを追ってOCUに亡命。

ゼリと2人で前線ゲリラ。
機体構成上、ゼリのARFで貫通攻撃力は高いが、敵のほとんどは貫通耐性。
メカルトのLv50ロッドはDPSこそそこそこあるものの胴抜きが難しく決定力に欠ける。
敵前衛を仕留め切れず、ジリ貧になることが多かった。

その為、メカルトの武器をRD、PBから、Lv50軽SG、Lv50軽MGに持ち替える。
軽武器は瞬間火力こそ、中重武器に劣るもののDPSは若干低い程度。
敵機はC4~7が多く、運用する武器とのコスト差もあり、瞬間火力も十分。
リロードの速さを生かせば敵をのけぞりさせ続けることも可能。
アサルト相手に互角以上の立ち回りができるようになる。
汎用性の高い、ゲリラ用最高の機体に仕上がる(個人的に)。

2006/6~
前線デュオゲリラ。

運用機体はメカルト、BZスナ、SRFスナ、重メカ、レコン、SGアサ、カニアサ、その他と増え、
メカルトを主軸に各機体を状況に応じて運用。
アイスナのゼリと、陽動、強襲、挟撃、篭城、その他の各種戦術を駆使し、
殲滅戦において、倍以上の戦力相手に勝つこと多数。2対8~10でも勝つこと数回。

まあ、もちろん負けの方が多かったけど。

明星激倒編につづく
 

<< 2009/12~2010/4 ブラウザ三国志 MIXI10鯖 第1期 | Home | makeplex salonの麻雀問題の清一色限定解除やてみたよ >>

コメント

サクラさんのいい話まだ~?

Re: タイトルなし

正直加入時のことくらいしか書くことない。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


template and material by HPテンプレート素材集IFD
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。