上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
待ち伏せです。

あらゆる戦術的行動は戦力差を作り出す為に行います。
待ち伏せは、味方が火線を集中させやすく、敵が火線を集中しにくい場所で行います。

待ち伏せの手順

1.陣取り
待ち伏せに適した場所で敵を待ちます。
狭い通路の出口の開けた場所や、味方だけ遮蔽物に隠れられる場所等が最適です。

2.待機
敵がくるまで待ちます。
攻撃を開始するまでは、敵侵攻路から見えない位置で待機します。
例え待ち伏せがばれていたとしても隠れます。
実際に敵が見ていなければ、若干でも対応が送れます。

3.攻撃
敵をぎりぎりまで引きつけてから攻撃を開始します。
攻撃が早すぎると、敵に撤退を許し、立て直す余裕を与えてしまいます。
攻撃が遅すぎると、陣を突破され、挟み撃ちの形になってしまいます。
待ち伏せは攻撃のタイミングが重要なので、攻撃の開始点を予め決めておくと良いです。

また、攻撃は味方全員で同時に開始します。
同時に身をさらすことでターゲットが絞られにくくなり、敵の火線がバラけます。
当然攻撃は1機に集中して行います。

4.追撃 or 撤退
敵が引き始めて、両者の損害が同程度ならば追撃を開始します。
後退しながらの戦闘は難しいので、有利に攻撃できます。
但し、地雷等の備えがある場合もあるので追いすぎには注意です。

侵攻を抑えきれないとわかったら即座に撤退を開始します。
判断が送れると敵前衛にかき乱され、敵後衛からの集中攻撃を受けます。
撤退をスムーズに行う為に、撤退位置を予め決めておくと良いです。

 

<< 読書管理サービス | Home | 戦術の基礎1 戦力の集中 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


template and material by HPテンプレート素材集IFD
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。